不具合の口コミで日本のメーカー企業の製品づくりをみんなで応援するサイト fuguai.com

安全で高品質な製品づくりを応援する“ソーシャルサイト”!

【現在の投稿件数は、 000069251件

自動車・バイク・自転車

アイコン一覧
  • 回収 回収
  • 返金 返金
  • 交換 交換
  • 修理 修理
  • 注意喚起 注意喚起
  • お知らせ お知らせ
  • 販売中止 販売中止
  • 点検 点検
  • アップデート アップデート
  • リコール リコール
  • 良品送付 良品送付
アイコン一覧
  • 危険レベル1 危険レベル1
  • 危険レベル2 危険レベル2
  • 危険レベル3 危険レベル3
  • 危険レベルMAX 危険レベルMAX

CX-5

  • リコール
リコール届出日:平成30年11月8日
リコール届出番号:4351
リコール開始日:平成30年11月9日

【不具合の内容】
マツダ株式会社は、下記の自動車において、以下の不具合があったとして、該当車種のリコールを届け出た。

「不具合の内容」
1.エンジンの吸気側バルブスプリングにおいて、スプリング荷重の設定が不適切なため、吸気バルブの閉じ力が弱く、吸気バルブとバルブシート間に挟まる煤を押し潰すことができず、圧縮不良となることがある。そのため、エンジン回転が不安定になり、エンジンが停止するおそれがある。
2.エンジンの吸気シャッタ・バルブにおいて、制御プログラムが不適切なため、バルブ周辺に付着する煤などにより、バルブ開度が正しく制御されなくなり、エンジン警告灯が点灯した際、フェールセーフが十分に機能せず、バルブが全開しないことがある。そのため、煤などの付着により、バルブが全閉のまま固着した場合、エンジンが停止するおそれがある。
3.エンジンの排気圧センサにおいて、異常判定プログラムが不適切なため、センサ内部への水分の浸入により、センサの出力値がずれ、排出ガスが基準値を満足しなくなる場合に、異常判定しない。そのため、そのままの状態で使用を続けると、浸入した水分により排気圧センサ内の電子回路が腐食し、断線することでエンジン警告灯が点灯し、フェールセーフ制御によりアイドリングストップが作動しなくなり、変速ショックが大きくなるおそれがある。

【対象製品】
通称名:アクセラ
型式:LDA-BM2AP、LDA-BM2AS、LDA-BM2FP、LDA-BM2FS
リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲および製作期間:
BM2AP-100004~BM2AP-100349(平成28年8月2日~平成30年7月3日)
BM2AS-100007~BM2AS-101455(平成28年8月2日~平成30年4月24日)
BM2FP-100002~BM2FP-200991(平成27年12月1日~平成30年5月8日)
BM2FS-100006~BM2FS-202645(平成25年12月19日~平成30年5月8日)

通称名:アテンザ
型式:LDA-GJ2AP、3DA-GJ2AP、LDA-GJ2AW、3DA-GJ2AW、LDA-GJ2FP、3DA-GJ2FP、LDA-GJ2FW、3DA-GJ2FW
リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲および製作期間:
GJ2AP-100010~GJ2AP-301008(平成26年11月3日~平成30年4月14日)
GJ2AP-400003~GJ2AP-400012(平成30年4月23日~平成30年5月9日)
GJ2AW-100007~GJ2AW-301584(平成26年11月3日~平成30年4月14日)
GJ2AW-400004~GJ2AW-400012(平成30年4月23日~平成30年5月9日)
GJ2FP-100014~GJ2FP-302443(平成24年10月22日~平成30年4月14日)
GJ2FP-400003~GJ2FP-400013(平成30年4月23日~平成30年5月9日)
GJ2FW-100012~GJ2FW-303000(平成24年10月17日~平成30年4月14日)
GJ2FW-400006~GJ2FW-400013(平成30年4月23日~平成30年5月8日)

通称名:CX-5
型式:LDA-KE2AW、LDA-KE2FW、LDA-KF2P、3DA-KF2P
リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲および製作期間:
KE2AW-100017~KE2AW-217477(平成24年2月17日~平成28年11月16日)
KE2FW-100009~KE2FW-221328(平成24年2月13日~平成28年11月16日)
KF2P-100029~KF2P-131275(平成28年11月29日~平成30年2月2日)
KF2P-200005~KF2P-207960(平成30年2月1日~平成30年5月8日)

通称名:CX-8
型式:3DA-KG2P
リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲および製作期間:
KG2P-100037~KG2P-117382(平成29年9月29日~平成30年5月8日)

※リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合がある。
※対象車の製作期間は購入時期と異なる。

【不具合の部位】
1.原動機(吸気側バルブスプリング)
2.3.原動機(エンジン制御コンピュータ)

【改善内容】
使用者へ準備が整い次第通知する。
1.全車両、吸気側バルブスプリングを対策品と交換する。なお、交換に時間を要すため、年式の古い車両から順次交換する。
2.全車両、エンジン制御コンピュータを点検し、吸気シャッタ・バルブ用制御プログラムを対策プログラムに修正する。点検の結果、吸気シャッタ・バルブに異常がある場合は、吸気シャッタ・バルブを新品に交換する。また、プログラム修正後にエンジン警告灯が点灯した場合は、吸気シャッタ・バルブを新品に交換する。
3.全車両、エンジン制御コンピュータを点検し、排気圧センサ用制御プログラムを対策プログラムに修正する。点検の結果、排気圧センサに異常がある場合は、排気圧センサを現行の新品に交換する。また、プログラム修正後にエンジン警告灯が点灯した場合は、排気圧センサを現行の新品に交換する。
改善実施済車には、運転者席側ドア開口部のドアストライカー付近にNo.4351のステッカーを貼付し、エンジン制御コンピュータのブラケットに白ペンを塗布する。

【お問い合わせ先】
マツダコールセンター
TEL:0120-386-919
受付時間 平日9:00~17:00、土日・祝日9:00~12:00、13:00~17:00
不具合情報引用元URL:
http://www2.mazda.co.jp/service/recall/ra/20181029002/
http://www2.mazda.co.jp/service/recall/ra/20181029002/4351-1.html
http://www.mlit.go.jp/common/001259746.pdf
http://www.mlit.go.jp/common/001259745.pdf
http://www.mlit.go.jp/common/001259744.pdf
http://www.mlit.go.jp/common/001259743.pdf

この不具合に投稿する

内容を入力

みんなからのコメント

  • この不具合情報に関するコメントはまだありません。



fuguai.comってどんなサイト?
不具合を見つけて投稿したり製品を買う前にfuguai.comでその製品に関する不具合を検索することができる。みんなで不具合情報を共有できるサイトです。

Digital Hearts

fuguai.comは個人情報の取扱を適切に行う企業として、「プライバシーマーク」の使用を認められた認定事業者です。

ページトップへ戻る

fuguai.com 不具合ドットコム