不具合の口コミで日本のメーカー企業の製品づくりをみんなで応援するサイト fuguai.com

安全で高品質な製品づくりを応援する“ソーシャルサイト”!

【現在の投稿件数は、 000071970件

アイコン一覧
  • 回収 回収
  • 返金 返金
  • 交換 交換
  • 修理 修理
  • 注意喚起 注意喚起
  • お知らせ お知らせ
  • 販売中止 販売中止
  • 点検 点検
  • アップデート アップデート
  • リコール リコール
  • 良品送付 良品送付
アイコン一覧
  • 危険レベル1 危険レベル1
  • 危険レベル2 危険レベル2
  • 危険レベル3 危険レベル3
  • 危険レベルMAX 危険レベルMAX

SEROW XT250

  • リコール
リコール届出日:平成31年3月12日
リコール届出番号:4456
リコール開始日:平成31年3月13日

【不具合の内容】
ヤマハ発動機株式会社は、下記バイクの車載式故障診断装置において、エンジンコントロールユニット(ECU)のプログラムが不適切なため、外部診断器(スキャンツール)接続後にECUが保安基準第31条の基準に適合しない通信処理を行うとして、該当車種のリコールを届け出た。
そのため、スキャンツールによってはECUとの通信が不能となり、故障診断ができないおそれがあるとのこと。

【対象製品】
通称名:SEROW XT250
型式:2BK-DG31J
リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲および製作期間:
DG31J-000013~DG31J-002469(平成30年8月9日~平成31年2月8日)

通称名:tricker XG250
型式:2BK-DG32J
リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲および製作期間:
DG32J-000011~DG32J-000596(平成30年8月23日~平成31年2月7日)

※リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合がある。
※対象車の製作期間は購入時期と異なる。

【不具合の部位】
車載式故障診断装置(エンジンコントロールユニット)

【改善内容】
使用者へダイレクトメールで通知する。
全車両、エンジンコントロールユニットのプログラムを対策プログラムに書き換える。
改善実施済車には、車わく(車台番号打刻位置付近)にNo.4456のステッカーを貼付し、車両左側のサイドスタンド取り付け部付近に白ペイントを塗布する。

【お問い合わせ先】
ヤマハ発動機販売株式会社 市場改修お客様相談窓口
TEL:0120-133-120
受付時間 月~金10:00~12:30、13:30~18:00(祝日、会社所定の休日等を除く)

ヤマハ発動機販売株式会社 営業統括部 アフターセールス部
TEL:011-222-6151(北海道営業所サービス課)、022-772-7083(東北営業所サービス課)、048-449-6232(サービスセンター関東)、052-939-1785(中部営業所サービス課)、06-6397-6171(サービスセンター西日本)、092-411-3785(九州営業所サービス課)
受付時間 月~金10:00~12:30、13:30~18:00(祝日、会社所定の休日等を除く)

不具合情報引用元URL:
https://www.yamaha-motor.co.jp/recall/mc/recall/2019-03-12/index.html
http://www.mlit.go.jp/common/001275236.pdf
http://www.mlit.go.jp/common/001275235.pdf

この不具合に投稿する

内容を入力

みんなからのコメント

  • この不具合情報に関するコメントはまだありません。



fuguai.comってどんなサイト?
不具合を見つけて投稿したり製品を買う前にfuguai.comでその製品に関する不具合を検索することができる。みんなで不具合情報を共有できるサイトです。

Digital Hearts

fuguai.comは個人情報の取扱を適切に行う企業として、「プライバシーマーク」の使用を認められた認定事業者です。

ページトップへ戻る

fuguai.com 不具合ドットコム